2013年10月16日

激痛の皮膚病…帯状疱疹

先日の連休中に帯状疱疹という病気を患ってしまいました。
現在薬を飲みながら療養中ですが、焼けるような痛みとビリビリと電気が走るような痛みが波のようにおそってきますふらふら
何かしていたほうが気がまぎれるのでブログに書いておこうかと。。。

帯状疱疹は、ヘルペスの一種で水疱瘡と同じウィルス※が体の神経節で暴れだしちゃう激しい痛みを伴う皮膚病。
一昔前は、高齢者の病気と言われていたそうですが最近は20〜30代の発症が爆撃に増えているそうです。
主な原因は疲労やストレスによる免疫力の低下。確かにここ最近ストレスに加えすごく体がだるかった・・・

※水痘(水疱瘡)が治った後、水痘ウイルスは体の神経節というところに潜んでいるらしい

症状の特徴としては・・

  • ピリピリ・チクチクとした痛み
  • 皮膚の奥から痛む
  • 体の片側にだけできる
  • 神経に沿って発疹
  • 赤くはれ水疱ができる

このサイトが分かりやすかったです⇒
症状について|帯状疱疹

私の場合は、
1日目:首のシワ部分にあせものような痒みと赤み
2日目:ブツブツと小さい水疱状のようなものができ、
ピリピリと痛みが出始める。耳下のリンパが脹れる。
3日目首から耳、(頬少し)にかけ水疱がひどくなる。(皮膚科受診、抗ウイルス薬と痛み止め、胃薬と塗り薬を処方される)
4日目(現在):
深夜〜午前中にかけ激しい痛み。ひとつひとつの水疱が大きくなっている。

今思い出すと、最初の
“あせものような痒みと赤み”が出る数週間前から、激しい運動をしているわけでもないのに体が非常にだるかったです。平熱なのに、熱が内にこもるような感じで・・・。軽い頭痛もしばしば。イライラすることがあって寝つきもとても悪かった。
ストレスを溜めないように、とはいってもこればっかりは難しいところがあります
たらーっ(汗)

看護婦さんに
念を押されて言われたのが「これからピークになるから痛みが増しても抗ウイルス薬は必ず飲み続けて下さいね」と。
抗ウイルス薬で痛みが増したと思って自己判断で飲むのをやめる人がいるらしいです。

甘く見てましたが帯状疱疹は激烈痛い!

痛みは個人差があるようですが、酷くなると痛み止めもあまり効かないし…とにかく『忍耐』しかありません。

季節の変わり目に発症する人が多いそうなので、かゆみと変なピリッとした痛みのある発疹が出た方は、すぐ皮膚科を受診されることをお勧めします。
治療が遅れると悪化し痛みも酷くなるし、痛みの後遺症が残る人もいるそう…怖いがく〜(落胆した顔)
ちなみに帯状疱疹の水疱は意図的に潰してはいけません。水疱にはウィルスがあるので広がります。

帯状疱疹が人にうつらないか…というのが心配だったのですが、薬剤師さんによれば自分の体の中に眠っていたウイルスが暴れだす皮膚病なので、帯状疱疹が他人にうつるということは基本ないとのこと。
ただし、水ぶくれの中の液体にはウイルスがいるので、水疱瘡にかかったことのない人には水疱瘡をおこす可能性があるから、お子さんや妊婦さんとの接触は避けて下さいといわれました。

なんで見た目も気持ち悪いというのもあり、外出するときは必ずガーゼをつけてます。
↓よければクリック応援お願いします↓
posted by Chularオーナー at 12:46 | 沖縄 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377671490
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。